2008年10月28日

アケビが米ぬかで熟成するのを待つ日記(7日目)

こんばんは。
今日は昨日ほど気温が低くなく、気持ちの良い秋晴れの一日でした。
でも朝晩は冷えます。

ところで、今日、久しぶりに、米ぬかの袋を開けてみると、
先週までは黄緑色だったアケビが、ほんのりピンク色に染まっていました。

触ってみると、柔らかくなっていました。

「その時」がいきなりやってきました。
こんなに早く熟れるとは思っていませんでした。

他の実を触ってみると、まだ堅いものもありましたが、
米ぬかが青く変色してきていましたので、
実を全部、米ぬかから取り出しました。

半分に割ってみると、下の写真のような感じで、
中の黒い種の周りにどろっとしたゼラチン質がまとわりついていました。

ここの種の付近を食べて、種は吐き出す、と聞いておりましたので、
ちょっと不気味な感じがしましたが、思い切って口に入れてみました。。

食べるというより、なめる感じ。
今までに味わったことのない食感と、控えめな甘味が口の中に広がりました。

ちょっと変かもしれないけれど、
食べた後に、大量の種を口の中からボロボロ吐き出すのにちょっとはまりそうになりました。


2 件のコメント:

さいさいきてや~ さんのコメント...

うは~すごいっすねアケビ!!

今日うちの直売所にもアケビが出荷されてきたんですよ!!!初めて生アケビみました(笑)

買おうか買うまいか考えた結果…先にお客さんが買ってしまいました↓↓

種がすごいんですか!!ますます興味津々♪

タビスキー さんのコメント...

アケビの種を言葉で表現すると、「じゅるじゅる」って感じです。
さいさいきてや~さんの感想もぜひ教えてくださいね。